にら(ハイパーグリーンベルト)

ニラ(韮)が最も美味しいのは実は、春です。

ニラ(韮)は通年出回っていて旬が無いようにも感じますが、実はあるんです。また、スタミナ料理などに多用される傾向にあるので、夏が旬のイメージがありますね。確かに、ニラ(韮)は暑さにとても強く、栄養面でも非常に優れているので、真夏でも収穫できる大切な葉野菜なんです。でも、最も美味しい時期と言うのは少しそれより早い時期、春に初めに伸びてきた葉です。春の出始めの葉は柔らかく、香りも強くてとても美味しいのです。

栄養価: 
疲労回復や滋養強壮に効果
にんにくにも似たニラ(韮)の臭いのもとは硫化アリルの一種アリシンという物質です。これはビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があるそうです。
免疫力を高め、がんの予防にも効果
アリシンには、免疫力を高め、がんの予防にも効果があると言われています。更に、血行促進により、冷え性や動脈効果、血栓の予防にも効果的とされています。
生活習慣病予防に大きく貢献する緑黄色野菜
ニラ(韮)には沢山のβカロテンが含まれています。このβカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持などにも役立っています。ビタミンCも豊富で、βカロテンと共に活性酸素を減らし老化の防止にもつながります。
ビタミンEも多く生活習慣病の予防に
ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にも役立ちます。
©NAGOMI FARM 和(なごみ)ファーム