エシャレット

酒のつまみとしても人気のある「エシャレット」 名前からしておしゃれな雰囲気をもっているが、エシャレットという品種の野菜ではなく、土寄せして育て若採りしたらっきょうのことを指します。 エシャレット?エシャロット? エシャレットは当初、エシャロットという名で流通していました。ヨーロッパの料理には欠かせない小型の玉ねぎであるエシャロットと形が似ていたことから、その名で呼ばれていたとのこと。 しかし、本物のエシャロットが日本国内で一般的に流通されるようになり、両者を混同してしまう人が多くなり、そのため若採りのらっきょうはエシャレットまたはエシャというようになりました。 一方、小型玉ねぎは「ベルギー・エシャロット」という呼び名になり、両者は明確に区別されるようになったそうです。 エシャレットは茎の白い部分から根もとまで、生で食べることができます。酒のつまみとして、生のまま味噌などにつけて食べられることが多いです。 また、緑の葉の部分は炒め物や揚げ物など、加熱して食べるとよいです。 最もポピュラーな食べ方は、まるごと味噌やマヨネーズにつけて食べる方法です。また、せん切りにして生ハムで巻くと、シャキシャキとした食感の見た目にもおしゃれな前菜となります。 エシャレット特有の食感を味わいたい場合は生で食べるとよいです。 エシャレットは、加熱することでとろとろになります。おすすめは天ぷら。サクサクの衣ととろっとしたエシャレットの食感が絶妙です。葉の部分はかき揚げにするのがおすすめです。

栄養価: 
S-アリル-L-システイン
S-アリル-L-システインは非常に強い抗酸化作用があり、高血圧の改善やがんの予防、動脈硬化の予防、心臓疾患の予防など様々な成人病の予防効果がある他、ボケの防止にもいいとされ、S-アリル-L-システインは熟成ニンニクにしか含まれていないとされてきたのですが、2016年リセットジャパン沖縄工業高等専門学校との共同研究によりエシャレットの濃縮エキスにも含まれていることが発見されました。

ただいま準備中です。

©NAGOMI FARM 和(なごみ)ファーム