カラフル二十日だいこん(あかゆきちゃん・すみれちゃん・ジャイアントルビー)

カブではなく大根の仲間で、見た目はカブによく似ています。日本でよく見かける二十日大根もラディッシュの仲間で、見た目はカブにそっくりです。
赤くて丸い形のものが日本では一般的であるが、最近では白いもの、細長い形、カラフルなものも出てきています。

二十日だいこんは種を撒いてから20日ほどで収穫ができる野菜です。冬の寒い時期は難しいが、それ以外の時期は栽培が可能と言われています。そのため、冬以外の時期はすべて二十日だいこんの旬だと考えて良いと思います。
おいしいラディッシュの選び方は、根の部分だけでなく葉も食べることができるので、葉にハリがあり、活き活きとしていて、色が鮮やかなものがおいしい二十日だいこんと言われています。
大きさや形はあまり味には影響しないです。

新鮮なうちにすぐ食べるのが最も良いが、保存する場合は、まず葉の部分と根の部分を切り離す作業が必要です。
切り離したら、濡らしたキッチンペーパーや新聞紙に包んだあと、密封容器に入れて冷蔵庫で保管すると良いです。

栄養価: 
アミラーゼ
「ジアスターゼ」とも呼ばれる、でんぷんを糖に分解し、その糖を体に吸収させるという作用を助ける栄養素があるといわれています。
葉酸
葉酸といえば、妊娠初期に必要となる栄養素で、それは細胞の生成に必要な栄養素だからです。特に胃腸の粘膜の再生を助けると言われています。
リパーゼ
脂肪の分解と吸収を高める働きがあると言われています。
プロテアーゼ
肉や魚などの消化を助ける栄養素であることから、よく焼き魚に大根おろしがついているのはそのためです。 大根と同じように食べた物の消化や吸収を助ける役割があると言われています。
アントシアニン
アントシアニンは眼精疲労に効果があると言われているため、多少なりとも視力低下を防ぐという効果も持っていると言われています。

ただいま準備中です。

©NAGOMI FARM 和(なごみ)ファーム