白ねぎ (根深1本白扇太ねぎ)

白ねぎとは主に白い部分を食べる根深ねぎのことで、長ネギなどとも呼ばれ、根元に土寄せして白い部分が長くなるように育てたものです。「加賀ねぎ」、「千住ねぎ」、「下仁田ねぎ」「曲がりネギ」などがあります。 白ネギは串揚げなどでおなじみですね。天ぷらのかき揚げにも使います。また、焼きものでは素焼きが美味しいです。焼き鳥には欠かせません。

栄養価: 
薬効が多いアリシン
ネギ特有の強い香りの成分は硫化アリルと言う成分によるもので、ビタミンB1の吸収を助ける他、血行をよくし、疲労物質である乳酸を分解する作用などがあると言われており、肩こりや疲労回復にも効果が期待できます。更に消化液の分泌を促す働きもあります。
昔から風邪に対する民間療法で使われています
昔から風邪をひいたときには焼いた白ネギをのどに当てたり、ネギを食べるといいといわれていますよね。これは、あの刺激臭や辛味の成分でもある「硫化アリル」の効果で、強力な殺菌作用と鎮静効果があります。非常に揮発性が高いので、のどに当てるだけでも効くというわけです。

ただいま準備中です。

©NAGOMI FARM 和(なごみ)ファーム