里芋 (土垂れ)

受注可

サトイモ(里芋/さといも)とはサトイモ科の植物の塊茎(かいけい)と肥大した地下茎の総称です。この肥大した地下茎を主に食用としています。 インド東部からインドシナ半島が原産で、現地ではタロイモと呼ばれています。日本でも縄文時代から栽培され、ジャガイモやサツマイモがそれほどメジャーではなかった江戸時代までは、芋の主役だったといわれています。 ●親芋と子芋 サトイモは根のように見えて実は茎が肥大したものです。株の中心に親イモができ、その周りに小さな子イモが増えていきます。色々な種類があり、たけのこ芋のように親芋を主に食べる品種や土垂などのように子芋だけ食べるもの、また、えび芋のようにそのどちらも食べるものとあります。中には、ズイキや八つ頭のようにそこから伸びる葉茎も食べるものもあります。

栄養価: 
カリウム
ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。
動脈硬化の予防
近年、コレステロールの生成を抑制する成分が含まれることがわかったそうです。

ただいま準備中です。

©NAGOMI FARM 和(なごみ)ファーム