赤軸みず菜(紅法師)

受注可

大きさや太さ、葉の形などは一般的な水菜とほぼ同じなのですが、茎の色だけが違い、綺麗な紫色をしています。 一般的に紫色(アントシアニン)を含む葉野菜などは茹でるとその色が流失し、緑色になることが多いのですが、この水菜はゆでてもほんのりと紫が残ります。 また、酢に反応して綺麗な色に発色するので、浅漬けなどにすると仕上がりが美しいです。

ただいま準備中です。