赤軸ほうれん草(サラダあかり)

一番の特徴は赤軸ほうれんそうという名前の通り葉柄の部分が赤紫色をしているということです。葉自体は緑ですが、柄の部分から葉脈まで赤くなっています。 アクが少なく生でも食べられます。一般的なホウレン草はアクが強く、生のままではエグミがあって食べにくいのですが、赤軸ほうれんそうはアクがあまりなく、生で食べても美味しくたらべられます。 その為、通常は茹でる際に流失してしまうビタミンCなどの栄養成分を無駄なく摂取することが出来ます。

栄養価: 
ホウレンソウは緑黄色野菜 
ホウレンソウはビタミン類、ミネラルなどどれをとっても非常に栄養価が高い緑黄色野菜です。
ホウレンソウは非常にたくさんのカロテンを含みます。
β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
骨の形成や健康維持に
ホウレンソウの赤い根の部分にはマンガンが含まれており、たくさん含まれているカルシウムやマグネシウムと共に、骨の形成や健康維持に役立ちます
©NAGOMI FARM 和(なごみ)ファーム