新玉ねぎ (スパート)

玉ねぎは大きく分けると、辛たまねぎと甘たまねぎに分けることができます。 一般によく出回っていて、切ると涙が出てくるものが辛たまねぎです。 品種は色々あり、いま、国内で流通しているものは黄たまねぎ類、白たまねぎ類、紫たまねぎ(赤たまねぎ)類、小たまねぎ類、それにヨーロッパ産のエシャロットなどがあります。 旬は一般的な玉ねぎは通年、新玉ねぎは春が旬普通の玉ねぎに関しては全国で栽培され、保存性も高いので旬は特に無く、通年いい状態で手に入ります。 しかし、新たまねぎに関しては春しか手に入りません。また、赤タマネギの湘南レッドも夏が旬になります。

栄養価: 
涙を出させる成分塩化アリルは高血圧や糖尿病などに高い効果
たまねぎの辛みと香り、そしてあの涙を出させている成分は主に硫化アリルで、非常に揮発性が高く加熱することで別の物質に変化します。 また、水にも溶けだします。単に涙を出させるだけではなく、肉や魚の臭いを消す働きもあります。 身体にとっても、消化液の分泌を促し、新陳代謝を盛んにする働きや、血をサラサラにする働きもあり、これにより高血圧や糖尿病などに高い効果があると言われています。 更にビタミンB1と結合しやすく、ビタミンB1の吸収を促す働きもあると言われています。
新たまねぎ(スパート)サイズ混合約2kg
1,400円

ただいま準備中です。