いんげん豆 (恋みどり)

インゲン豆の歴史は古く、メキシコなどの中南米が原産地です。17世紀中国を経由して日本に伝わりました。隠元隆琦という僧侶が日本に持ち込んだため、この名がついたといわれています。
莢が柔らかく、短時間(2分程度)での調理が可能で、サッとゆでてシャキシャキとしたサラダ感覚を楽しんだり、炒め物に使ったり、天ぷらの具材としてもおすすめです。 いんげん豆はとてもミネラル豊富な野菜の一つです!!

ただいま準備中です。